西薩摩ライド(霧島~川内~阿久根~出水)

コース紹介

昨日大隅半島を巡ったものの、鹿児島で未だに行ったことのない、出水方面へ鹿児島空港を拠点に走ってきました。

西薩摩ライド

コース

走行距離、獲得標高、山岳勾配やコースなどによって著者の判断で決定。

距離の目安

  • 星1: >50km
  • 星2: 51-100km
  • 星3: 101-150km
  • 星4: 151-200km
  • 星5: 201km<

獲得標高の目安

  • 星1: >500m
  • 星2: 501-1,000m
  • 星3: 1,001-1,500m
  • 星4: 1,501-2,000m
  • 星5: 2,001m<

走行記録

走行距離175.60km
獲得標高2,069m
平均速度25.5km/h
経過時間7:47:38
ルートのダウンロード
難易度
4.5/5
走行距離
4/5
ヒルクライム
5/5

旅の記録

朝の田舎道

鹿児島空港近辺を出発し、県道40号線を西へと進みます。最初に目指したのは姶良市。ここまでは下り基調で走りやすい道だったのであっという間に到着。長閑な里山風景の中を走って無事に到着しました。

姶良からは進路を北西に向けて川内方面へと向かいます。途中でコスモスの花畑などもあり、この辺りは比較的アップダウンも緩やかで走るにはとても良い場所だったと思います。

 

コスモス畑
阿久根への道のり

川内からは国道3号線へ入り、そのまま北上を開始します。そのまま阿久根市を越え、長島方面へと向かいますが、時間の関係で長島には行かず、手前の半島を少しぐるっと周り、出水へ。

出水からは伊佐方面へと進路を向け、「曽木の滝」を目指して走ります。途中までは国道447号線沿いに走りましたが、下った分登るということで、勾配4%程度の坂を300m少し登りました。そこからは「黄金ロード」と呼ばれる農道?へ入り、伊佐市には直接行かずに「曽木の滝」と無事到着。

曽木の滝
曽木の滝

川内川にある「曽木の滝」は東洋のナイアガラと呼ばれることもある、滝幅210メートル、高さ12メートルの滝です。横幅がかなり広いので、滝は見ることが多いですが、このような風景は中々出会いません。

今回はあまり立ち寄る場所もなかったのですが、無事に出発地点である鹿児島空港近辺までライドし、その後夜の飛行機で無事に帰京しました。

コース上の見どころ

曽木の滝
所在地:〒895-2526 鹿児島県伊佐市大口宮人628-41
HP: 伊佐市HP

鹿児島県伊佐市にある東洋のナイアガラと呼ばれる滝。横幅が200m以上もあるので、水量が多ければ滝の迫力は結構あると思います。

関連記事

  1. 2021 国境サイクリング in 対馬 Part 2

  2. 2020 夏の北海道スペシャル Part 1 – 釧路〜厚岸〜霧多布

  3. 気仙沼と南三陸B級を巡ったライド

  4. トクたびマイルで行った週末北海道 第二弾

  5. 讃岐うどん巡礼ライド

  6. 小豆島1周ライド(マメイチ)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA