2022 GWスペシャル Vol.8 – モーニングライド to オントネー

2022年GW後半は道東へ

2022年のGW後半は前半の九州から一気に北上して北海道は道東を中心に走ってきました。過去夏休みでも訪れた釧路、阿寒湖を中心に春の北海道をたっぷりと満喫できた旅になりました。

コース紹介

難易度
1.5/5
走行距離
1/5
ヒルクライム
2/5

走行距離、獲得標高、山岳勾配やコースなどによって著者の判断で決定。

距離の目安

  • 星1: >50km
  • 星2: 51-100km
  • 星3: 101-150km
  • 星4: 151-200km
  • 星5: 201km<

獲得標高の目安

  • 星1: >500m
  • 星2: 501-1,000m
  • 星3: 1,001-1,500m
  • 星4: 1,501-2,000m
  • 星5: 2,001m<

走行記録

走行距離40.46km
獲得標高762m
平均速度26.7km/h
経過時間1:49:57

旅の記録

朝は街中まで鹿が降りてきます
オントネー

いよいよGWも最終日。この日は夕方には東京へのフライトがあるので、朝から短時間、短距離ですが阿寒湖近くを走ることにしました。

どこに行くかと迷ったのですが、時間的な点を考えると峠などを上ったり、下ったりするとリスキーなので、「オントネー」という阿寒摩周国立公園の最西端に位置しする湖を目指すことに。

阿寒湖を出発して脚寄峠を越えてからオントネー方面へと向かいます。オントネーの手前には「山の宿 野中温泉」という温泉があり、近くの川にも温泉が流れて湯気が立ち上っていました。オントネ〜は小さな湖ではあるものの、雌阿寒岳と阿寒富士を眺められる場所でもあり、まさに静寂の湖でした。

オントネーを後にして、阿寒湖へともどてからは身支度、ホテルをチェックアウトして釧路空港へと車で向かいます。GW前半は九州、そして後半は北海道と気候も風景も全く違う場所を満喫しましたが、それぞれの土地に良さがあり、また走る楽しみ、風景も違ってとても満足のいくGWのライド旅行となりました。

コロナの中なので中々海外には走りに行くことが出来ませんが、また長期休暇がある場合には、日本の知らない土地や風景を求めて旅に出たいと思います。

コース上の見どころ

オントネー

所在地:〒089-3964 北海道足寄郡足寄町茂足寄
HP: 足寄町公式HP

雄阿寒岳の麓にある、小さな湖。静寂に包まれたこの湖からは雄阿寒岳や阿寒富士の眺望を見ることが出来ます。また風がない日であれば湖自体が鏡のようで周囲の風景を写し出すところも幻想的です。マイナーな場所ですが、気分をリフレッシュ、落ち着かせるには良い場所だと思いました。

関連記事

  1. 2017「日本のチロル」下栗の里と秋葉街道

  2. 西九州ロングライド – 佐世保〜伊万里〜唐津を巡る

  3. 備前・美作五十三次ふれあい街道

  4. 北九州で5 Peaks勝手にグランフォンド

  5. 2020 夏の北海道スペシャル Part 4 – 大雪山国立公園

  6. 夏! 信州横断ライド

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA