北海道 道南ロングライド

いつでも訪れたい 再び函館へ

金曜日、函館への最終便でまたまたやってきました。函館は街もそうですが、ご飯も美味しいし街を散策するのも楽しく、毎回訪れて新しい発見がある場所です。今回は、サイクリスト向けにプランのあった「HAKODATE 男爵倶楽部 HOTEL & RESORTS」を予約していましたが、このホテルは大正解でした。何より綺麗で部屋が広く、自転車を部屋まで持ち込めるしキッチンまでありました。

そんな函館を拠点にまたまたロングライドをしてきたので簡単なレポートです。

コース紹介

難易度
4.5/5
走行距離
5/5
ヒルクライム
4/5

走行距離、獲得標高、山岳勾配やコースなどによって著者の判断で決定。

距離の目安

  • 星1: >50km
  • 星2: 51-100km
  • 星3: 101-150km
  • 星4: 151-200km
  • 星5: 201km<

獲得標高の目安

  • 星1: >500m
  • 星2: 501-1,000m
  • 星3: 1,001-1,500m
  • 星4: 1,501-2,000m
  • 星5: 2,001m<

走行記録

走行距離234.26km
獲得標高1,683m
平均速度28.6 km/h
経過時間10:11:49

北海道 道南をぐるっと周遊

土方・啄木浪漫館
三味線滝

函館を拠点として今回は反時計回りで道南を周遊することに。出発して国道278号線を海沿いを東へ進むと「土方・啄木浪漫館」の建物が目立ちます。今回は道道83号線を走ってまずは函館市の南茅部を目指します。

200m程の緩い丘を越えて南茅部に入ると内浦湾が目の前に。ここからは改めて国道278号線を北上します。

途中で三味線滝を見学し、近くにある「道の駅 しかべ間歇泉公園」でトイレ休憩。この日は到着が早過ぎて、まだ道の駅は開館していませんでしたが、以前お昼過ぎに立ち寄った際には、お金を払って間欠泉を見に行きましたが、中々の迫力だったことを思い出します。

道道43号線に入り、大沼方面へと向かいます。

目の前には駒ヶ岳が悠然と聳え立っており、この辺りのシンボル的な存在です。大沼湖畔を過ぎ、景色の良い、城岱スカイラインへと向かいましたが、何と通行止めでした。その後は元来た道を戻るのではなく、少し違う道を探してみましたが舗装路を外れたりと、少し遠回りする羽目になりました。

何とか国道5号線に出て、七飯方面へと下ってからは一路国道227号線で日本海方面へと向かいます。15kmほどは登り貴重で中山峠まで走り、その後は「道の駅 あっさぶ」まで下ってトイレ休憩。そして上ノ国町へと海岸線を南下します。

少し寄り道して「道の駅 上ノ国もんじゅ」で昼休憩。こちらのレストランでオススメとなっていた「上ノ国海鮮丼」を頂いて、近くにある「神の道」に寄りました。

後は函館まで一気に走って無事に宿まで戻ってきました。

北海道駒ヶ岳を望む
神の道

番外編 函館観光

はこだて明治館
函館山からの夜景

宿に戻ってからは、洗濯などして函館の街に繰り出します。いつも自転車で巡っているので、自分の足でじっくりと見たことがなかったので、開港通り沿いにある店に寄りながら、函館山方面へと向かいます。

金森レンガ倉庫など店以外にも外観を楽しめる場所もあり、良い散策になりました。ホテルから函館山ロープウェイ乗り場までは1.6kmとそこまで遠くないので、そこまで時間もかからずに到着。

前から見てみたかった函館山からの夜景のために、ロープウェイで山頂まで行きましたが、往路はそこまで混んでなくて結構すぐに上がることができました。

函館山展望台は夜景を見にきた人で結構多かったですが、写真を撮れるだけの余裕があったのは幸いです。

展望台の色々な場所で夜景を撮影していると、だいぶと寒くなってきたので退散しますが、帰りはロープウェイ待ちの人でかなり混雑していました。幸いにもロープウェイに乗れる人数が多いので、15分ぐらい待って下ることができました。やはり函館の夜景はとても綺麗で来て良かったです。

コース上の見どころ

三味線滝
 

所在地:〒041-1401 北海道茅部郡鹿部町大岩

「流れ落ちる音が三味線のように聞こえた」ということで名付けられた滝です。近くに駐車場はない模様なので、少し立ち寄るのは不便かも知れません。

神の道
 

所在地:〒049-0602 北海道檜山郡上ノ国町原歌3
HP:上ノ国町HP

大澗ノ崎には窓岩があり、この穴に上が階段のようになっていて「神の道」と呼ばれています。「道の駅 上ノ国もんじゅ」に隣接しているので、寄ったついでに観にいくのが良いでしょう。

函館山展望台

 

所在地:〒040-0000 北海道函館市函館山
ロープウェイ営業時間(4/20~9/30):始 発10:00(上り) 最終:22:00(下り)
ロープウェイ営業時間(10/01~4/19):始 発10:00(上り) 最終:21:00(下り)
運賃:大人 1,800円(往復)
HP:公式HP

函館山展望台には、通常はロープウェイを利用して向かいます。展望台にはショップ、レストランなどの施設も併設されており、昼夜問わずに多くの観光客が訪れます。また、函館の夜景はとても綺麗で有名なので、夕方から日の沈む時間が一番混み合う気がします。函館にきたら、絶対に外せない観光スポットなので、時間を作ってぜひ行ってみてください。

Restaurant, Cafe, Meals

道の駅 上ノ国もんじゅ

所在地:〒049-0602 北海道檜山郡上ノ国町原歌3
電話番号:0139-55-3955
営業時間:9:00~17:00(店舗や施設によって異なります)
定休日:年末年始(12月31日~1月5日)
HP: 公式HP

「道の駅もんじゅ」は、国道228号線沿いにある海沿いの道の駅で、「神の道」など景観が美しい場所と隣接しています。また、物産販売所、レストランも併設しています。レストランからは、日本海を眺めながら食事ができるのでオススメです。

Accomodation

HAKODATE 男爵倶楽部 HOTEL & RESORTS

所在地:〒040-0064北海道函館市大手町22−10
電話番号:0138-21-1111
HP: 公式HP

函館駅から程近くにある新しいホテル。コインランドリーなどありますが、何より部屋が綺麗で大きいのが最高です。今回はサイクリストのプランで宿泊しましたが、今後も函館に行った際には、このホテルを是非利用したいですね。

関連記事

  1. 大永山ヒルクライムと祖谷そばライド

  2. 2022 島旅 in 鹿児島 – 屋久島 Day1

  3. 九州の小京都〜飫肥(おび)へ

  4. 熊本市を起点に鯛生金山まで

  5. 佐渡金山リカバリーライド

  6. 島原湾周回と雲仙

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


CAPTCHA


Warning: Undefined array key "eael_ext_toc_title_tag" in /home/roadracer/cycleroadracer.com/public_html/wp-content/plugins/essential-addons-for-elementor-lite/includes/Traits/Elements.php on line 526