トクたびマイルで行った週末北海道 第二弾

夏の北海道 ひまわり畑と峠ライドを楽しむ

夏の北海道は暑かった・・・・

コース紹介

ANAのトクたびマイルで北海道第二弾。今回は初めて石狩、留萌方面へのライドを楽しんで来ました。また札幌から程近い定山渓温泉からニセコ、小樽方面含めて峠も満喫。今回もホテルはポイント宿泊でしたが、前回TIMESのレンタカーで時間が遅く、現地までタクシーで移動することになったので、今回は千歳駅まで電車で移動して、駅前からカーシェアリングを利用することに。空港を繋ぐエアポート快速は自転車を置けるだけの広いスペースがあるので、次回からは札幌まで出てレンタカーというのもありだなと思いました。

走行距離、獲得標高、山岳勾配やコースなどによって著者の判断で決定。

距離の目安

  • 星1: >50km
  • 星2: 51-100km
  • 星3: 101-150km
  • 星4: 151-200km
  • 星5: 201km<

獲得標高の目安

  • 星1: >500m
  • 星2: 501-1,000m
  • 星3: 1,001-1,500m
  • 星4: 1,501-2,000m
  • 星5: 2,001m<

Day 1 - オロロン街道とひまわり畑

コース

走行記録

走行距離211.31km
獲得標高1,278m
平均速度32.5km/h
経過時間08:28:01
ルートのダウンロード
難易度
4/5
走行距離
5/5
ヒルクライム
3/5

Day 2 - 定山渓温泉から峠巡り

コース

走行記録

走行距離152.91km
獲得標高2,230m
平均速度28.1km/h
経過時間06:30:57
ルートのダウンロード
難易度
4.5/5
走行距離
4/5
ヒルクライム
5/5

旅の記録

Day1 オロロン街道とひまわり畑

石狩〜留萌〜北竜のひまわり畑

イカをクルクルと回して干していました。

絶景のオロロンライン

札幌から高速で滝川方面へと向かい、約70km程の場所にある国道275号沿いの「道の駅つるぬま」が今回の出発地点。途中セコマートで朝食を食べて準備万端。

今回のコースは時計回りに月形町、当別ダムを経由して日本海へ抜け厚田からオロロンラインを北上して留萌を経由して北竜を経由して帰ってくる200km超のルートで早速出発。

月形町までは国道275号線沿いを南下するのだが、結構な交通量だった。自転車が走る車道左側は路面も悪くて少し走りにくかったが、追い風もあって足早に走り切る。その後は、日本海へ向けて進路を西へ。当別ダム方面へとアップダウンの多い道を快調に走る。それなりに上りも多いが、この日は足の調子も良くて結構な強度と速度で走り抜くことが出来た。

 

白銀の滝
夕陽が有名な黄金岬海浜公園

ようやくと厚田町へ到着し、オロロンラインに入る。早速、「道の駅 石狩あいろーど厚田」があって立ち寄るも、まだ開店時刻前でトイレ休憩のみで近くにあったセコマートで小休止。その後はひたすらオロロンライン(国道231号線)を北上して留萌を目指す。目指す留萌までは90km近くもあり、その間はずっと海岸沿いのオロロンラインを北上するので、ある意味タイムトライアル的な感じで淡々とペースを刻んで走ることに。途中でそれなりのアップダウンもあるのだが、暑寒別岳の裾野ということもあり、結構トンネルも多かった。海岸沿いの景色も大体似たようなものだが、晴れた中での青い海と空は中々気持ちも良かった。

 

走っている途中で2名ほど大きな荷物を積んだサイクリストと遭遇。北海道1周などチャレンジしているのだろう。「頑張ってください」と声をかけて追い越した。一度セコマートのある場所で小休止しただけで、何とか留萌へ到着。ここの道の駅にある屋台で蕎麦を頂いてから、今度は東へと進路を変えて国道233号線で一路北竜を目指す。

 

黄金岬海浜公園からの眺め

圧巻のひまわり畑

特に北竜までは目新しいものはなく、程なくして到着。「道の駅 サンフラワー北竜」で小休止してソフトクリームを食べる。この日は北海道とはいえ、30度越えの猛暑でかなり暑くて水分補給も結構な頻度で必要だった。その後はすぐ近くにある「北竜町ひまわりの里」へ。この季節は丁度ひまわりが満開でその景色は中々圧巻だった。23.1ヘクタールの敷地に200万本ものひまわりが植えられているのだから当然か。。。

ひまわりを楽しんだ後は、無事に出発地点である「道の駅つるぬま」へ到着。朝は開いていなかった売店でまた揚げいもをいただき、目の前にある浦臼温泉で汗を流して帰りは下道で札幌まで帰ってきた。

Day2 定山渓温泉から峠巡り

3つの峠を越える山岳ライド

中山峠を越え、倶知安へ

2日目も天気には恵まれる。今日は夜の便で帰京する必要があるので、札幌市内から程近い定山渓温泉へと向かい、無料駐車場に車を停めてライドスタート。

一番最初は国道230号線を走り中山峠を目指します。定山渓温泉からは距離が約7km程で平均勾配が3.4%程度なのでアウターで踏んでそれなりの速度と負荷で登ります。丁度峠の場所には「道の駅 望羊中山」があり、ここのあげいもが有名なんですが、朝早くてまだ開店しておらず、トイレ休憩のみで、喜茂別まで長いダウンヒルを快調に飛ばして下ります。

名物「峠のあげいも」のある道の駅「望羊中山」
頂上に笠雲のかかった羊蹄山

目の前にはニセコクラシックで訪れる際に、いつも目の前に広がる羊蹄山が見えてきて、気分はニセコにやってきたという感じがします。

違うのは車か自転車かという点ですが、ここからは京極町へと北上開始。時折羊蹄山がとても綺麗に見える箇所があって、都度立ち寄って写真を撮りながら進みます。

京極からさらに倶知安方面へと走り、そこからは国道393号線に入って小樽へと向かいます。ここからは勾配が6%程度の峠を超えて、まずは「道の駅 あかいがわ」へ到着。ここまで休憩なしで走ってきたこともあり、少しのんびりと補給休憩。暑さから自販機で炭酸水を買って水分補給で生き返りました。

道の駅あかいがわ
広大な畑の向こうに見えるニセコ連峰

峠を超えて小樽、そして定山渓温泉まで

ここから小樽までは毛無峠を越える必要がありますが、距離も16km程度あり3%程度の平均勾配ですが、途中で勾配のキツい箇所もあるのでマイペースで上ります。暑い日のヒルクライムは速度が出ないことともあり、平地を走るよりも風を受けないこと、それなりにパワーを使うので体が熱を持つのでかなりのオーバーヒート。水分補給が欠かせませんが、ボトルの水がお湯のようになって飲めたもんじゃなかったです。

国道393号線は「メープル街道」とも呼ばれています。
毛無山付近から小樽市を望む
毛無山展望所

ようやくと毛無峠を超えて小樽までは一気にダウンヒルです。眼前に広がる小樽の景色や日本海を見ながら一気に下りますが、今回のコースは小樽市内には入らず、手前で道道1号線へと入り、朝里峠へとまた上りに入ります。途中朝里ダムへ向かうところは道がループしており、中々ダムを見ながらだったので迫力がありました。

ここからは勾配が6%以上ある上りを6km以上走りますが、昨日、そしてすでに峠を3回超えており、脚の方がお疲れ気味でパワーも速度も出ないのでとにかく楽に走ることを意識して走ります。速度が出ないおかげで体に熱もこもって、結構辛かったです。

朝里ダムへ向かう道はループ式
さっぽろ湖

朝里峠を越えると10km以上の長いダウンヒルですが、向かい風のせいで意外と踏む羽目に。名前は聞いたこのある、札幌国際スキー場の横を通り、さっぽろ湖まで降って来て少し休憩。その後は定山渓温泉まで戻って無事にライド完了。

ライド後は自転車をパッキングして、近くにある小金湯温泉の「松の湯」へ。汗だくだった体も温泉でサッパリ出来たので最高でした。そのままカーシェアの返却地である千歳駅へと下道をドライブして到着し、千歳駅から空港へと向かうところ駅のアナウンスで何と暑さでレールに異常が発生して点検中とのこと。さらにいつ復旧するかも分からないということで、電車が利用できないというまさかの事態に。結局はタクシーで新千歳空港へ向かう羽目になりました。

空港ではまたお土産を物色して今回も無事に帰京。夏の北海道は東京並みに暑かったです。

飛行機から見た夕暮れ

コース上の見どころ

白銀の滝
所在地:〒077-0351 北海道石狩市浜益区雄冬
HP: 北海道石狩市公式HP

雄冬岬にある白銀(しらがね)の滝。岩肌を流れ落ちる滝が間近に見れる。夏は特に清涼感も漂って気持ちが良い。

黄金岬海浜公園
所在地:〒077-0048 北海道留萌市大町2丁目
HP: 留萌観光協会HP

留萌市にある黄金岬海浜公園からは、日本一と言われる夕陽が見れる場所としても有名です。

北竜町ひまわりの里
所在地:〒078-2511 北海道雨竜郡北竜町板谷143-2
営業時間:9:00~18:00
HP:北竜町ひまわり観光協会

北竜町ひまわりの里には200万本ものひまわりが東京ドーム約5個分もある敷地に植えられています。8月が見頃で一面に広がるひまわり畑は圧巻です。

うらうす温泉
所在地:〒061-0600 北海道樺戸郡浦臼町キナウスナイ188
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休
料金:大人450円
HP:紹介ページ

「道の駅 つるぬま」の目の前にある「臼町自然休暇村センター うらうす温泉」はリーズナブルに日帰り温泉が楽しめます。施設や規模はそれほど大きくありませんが、ライド後にパッと立ち寄ってさっぱりするのには十分でした。

道の駅あかいがわ
所在地:日本、〒046-0541 北海道余市郡赤井川村都190−16
営業時間:8:30~18:00(5月〜10月)、9:00〜17:00(11月~4月)
休館日:無休(5月〜10月)、第1、第3水曜日(11月~4月)
            年末年始(12月31日〜1月3日)
HP:公式HP

羊蹄山近くの倶知安から小樽市へ向かう国道393号線沿いにある道の駅。現地の農産物だけでなく、美味しいぱんまで売っています。開放的な内装も素晴らしく、中で食事もできるところがGoodでした。

小金湯温泉 湯元 小金湯
所在地:〒061-2274 北海道札幌市南区小金湯25
営業時間:10:00~23:00(日帰り入浴)
定休日:不定休
料金:大人800円
HP:公式HP

定山渓温泉で日帰り入浴を考えたのですが、時間的に合わないところも多く、偶々見つけて立ち寄った温泉。宿泊もできる温泉宿でもあるので、露天風呂、内湯、サウナなど温泉施設としては十分でした。

Accommodation

ANAホリデイ・イン札幌すすきの

フォーポイントバイシェラトン函館は函館駅前にあるマリオット系のホテルで、函館朝市のすぐ側にあり立地的にも便利な場所にあります。駅前なので交通の便も良いし、函館市内の観光地へも徒歩、路面電車含めてアクセスは良いです。

部屋の方も綺麗で快適な滞在ができました。今回は朝食などは頼んでいないので、レストランなどは分かりませんが、朝市もすぐ隣にあるので、個人的にはホテルでなく朝市で朝食を食べる方が良いと思っています。

ANAホリデイ・イン札幌すすきの
所在地:〒064-0805 札幌市中央区南5条西3丁目7番地
TEL:011-512-5533
HP:公式HP

関連記事

  1. 初の函館とグルメ満喫な旅

  2. 玄界灘スペシャル(伊万里〜松浦〜唐津)

  3. ツール・ド・佐伯のコースをトレースして満喫

  4. 筑波山と霞ヶ浦を巡るライド

  5. 奥久慈〜水府そば街道ソロライド

  6. 鷲子山と不苦労神社

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA