1泊2日絶景の信越横断の旅(千曲川〜魚沼〜只見〜福島)

1泊2日絶景の信越横断の旅(千曲川〜魚沼〜只見〜福島)

日本の中には行きたいと思っても中々いけない場所がある。これまでにも何度か走りに行きたいと思いながらも行けなかった場所、それが新潟県と福島県境に位置する只見線に沿った辺りである。いわゆる、「秘境」と呼ばる場所で人が簡単に訪れることができない場所。只見線というローカル線自体が既に魅力ある鉄道だったが、東日本大震災の発災と 新潟・福島豪雨による被災で只見線が事実上の運転停止となり、さらに秘境度合いが自分の中では増す存在になっていた。

2019年6月、天気予報をみて遂に只見線のあるこの秘境へと行く決心をする。ただ、そこの場所だけに行くのは勿体無いので今回は長野県上田市まで新幹線輪行し、そこから1泊2日での自転車旅で最後は福島から輪行で戻ってくるという信越横断ライドを決行。

初日は長野県上田駅からのスタート。城下町な雰囲気の街からまずは標高が1,600m以上ある菅平までヒルクライム。夏も近づいて暑さも出てくるが標高が高くなると気持ち良い気温、高原を流れる風も気持ち良い。菅平高原はスポーツのメッカなので、今回も多くの運動部?な方々とすれ違った。菅平からは須坂市へ一気にダウンヒル。これまた気持ちの良い下りであったが、途中情緒ある小布施の街を通っている際に、人だかりのあるジェラート店を発見。Uターンしてジェラート店に入り、ここでジェラート休憩。人気店だったようで、とても美味しかった。
 
小布施から北上して一気に飯山市を目指す。ここでは事前に調べておいた鰻料理店「本多」で並んでも良いので美味しいうな重を食べるのを最大の楽しみにしていた。このおかげもあってか、丁度昼前に到着し、それほど並ぶことなく無事にメインのうな重を頂く。そのお値段何と4,500円と昼食としては破格の豪華さだ。これも日本の色々な地域から集めてきた国産うなぎを食べれること、料理に場所、そして雰囲気も全てコミの値段ということで自分に言い聞かせながら、十二分にうなぎを味わって至極幸せでした。
 
近くには道の駅花の駅千曲川があるので、そこに立ち寄って食べたばかりなのにおやきを頂く。菜の花の時期は少し過ぎているが、それでもまだ咲いている所も多く綺麗だった。美味しい食事の後は千曲川沿いに東へと進み新潟県の六日町、そして今日の宿泊場所である魚沼を目指す。途中では素晴らしい景観の場所が数多くあり、所どころで足を止めて写真を撮りながら、夕方には魚沼に到着。目の前には雪が残っている八海山が見えた。そして夕暮れ前に今日の宿である、民宿 治兵衛へと到着。
 
この民宿は1泊2食付きで7,500円とお手軽な安さだったのだが、入ってみると学生御用達の合宿所のような民宿で数多くの部屋があり、大広間での食事が取れるようになっていた。今回は幸にして自分を含めて他の宿泊者は3-4名程度だったので、風呂の待ち時間もないし夜もうるさくて寝られないということはなかった。ただし設備はそれなりに古いので、インターネットなどのネット回線はない。この民宿、何が一番良かったかというと食事である。夕食も豪華でボリュームがあり、朝食も同様で大満足。さらにお土産にとれたての新米を頂きました。設備に拘りがないならお勧めできる民宿です。
 
2日目は魚沼の民宿からいよいよ六十六里峠を超えて只見を目指す。
秘境と呼ばれる場所への侵入に心が踊る。国道近くに只見線が走っており、駅舎なども見れるのだが残念ながら今この辺りは災害によって運行が停止中。面影漂うホーム、駅舎そして線路だけが静かに時を刻んでいた。新潟県と福島県境に近づくと一気に上り始めるのだが、スノーシェードも多くこの辺りがいかに豪雪地帯であるかを物語っている。そして六十六里トンネルを超えて福島県側に入った瞬間、目の前の視界が開けた。目の前には雄大な大自然が広がり、いまだに残雪を残した山々、花を咲かせて風に吹かれる高山植物、そしてダム湖などが合間って日本でも有数の景観を作り上げていた。「これを見るために来たんだ」心からそう思えたし、本当に感動した。写真では中々伝わらない、そんな景色と感動の中、ペダルを回して只見市内へと下っていく。
 
只見市内を越えると福島の猪苗代方面へと山間部の道を進んでいくのだが、この辺りは日本でも数少ない炭酸水が湧き出る場所が幾つかある。今回は大潮炭酸水場へと立ち寄り、本当に炭酸水が湧き出ているかを確かめた。「確かに炭酸水」だった。しかも美味しい。ボトルに炭酸水を詰めて、猪苗代方面へと進むと今度は赤べこで有名な地域に差し掛かり、ここでは名物ソースカツ丼を頂くことに。ソースカツ丼は普通卵で綴じられていないのだが、ここのソースカツ丼は卵で綴じられていた。そして何よりも美味い。これ以上の正義は無い。
 
旅のハイライトでもある、只見線とお別れをして、猪苗代に入ると大きな猪苗代湖と雄大に聳える磐梯山へ向かってカルデラの淵となる部分をヒルクライム。中々どうして結構上るし勾配もキツいので辛い。。。何とか猪苗代湖に到着し、後はダウンヒルをこなして福島へと向かうのみ。旅もいよいよクライマックスである。
 
最後は夕方になり、疲れた体に何とか鞭打って駅へと到着。輪行袋に自転車をしまい、駅弁を買って新幹線に乗り込んだ。たった1泊2日なのにもっと旅していたような錯覚だった。それぐらい充実してたのだろう。素晴らしい1泊2日の旅と経験、必ずまた戻ってきたい。

コース紹介

Day1 - 上田〜魚沼

コース

走行記録

走行距離172.32km
獲得標高1,699m
平均速度28.3km/h
経過時間09:13:07
ルートのダウンロード
難易度
4/5
走行距離
4/5
ヒルクライム
4/5

走行距離、獲得標高、山岳勾配やコースなどによって著者の判断で決定。

距離の目安

  • 星1: >50km
  • 星2: 51-100km
  • 星3: 101-150km
  • 星4: 151-200km
  • 星5: 201km<

獲得標高の目安

  • 星1: >500m
  • 星2: 501-1,000m
  • 星3: 1,001-1,500m
  • 星4: 1,501-2,000m
  • 星5: 2,001m<

Day2 - 魚沼〜福島

コース

走行記録

走行距離181.09km
獲得標高1,754m
平均速度28.6km/h
経過時間08:56:26
ルートのダウンロード
難易度
4/5
走行距離
4/5
ヒルクライム
4/5

走行距離、獲得標高、山岳勾配やコースなどによって著者の判断で決定。

距離の目安

  • 星1: >50km
  • 星2: 51-100km
  • 星3: 101-150km
  • 星4: 151-200km
  • 星5: 201km<

獲得標高の目安

  • 星1: >500m
  • 星2: 501-1,000m
  • 星3: 1,001-1,500m
  • 星4: 1,501-2,000m
  • 星5: 2,001m<

コース上の見どころ

菅平高原

菅平高原は、上信越高原国立公園に属しており、長野県上田市の北部から須坂市にまたがる、標高1,250m〜1,650mの高原地帯です。

夏でも涼しく、特に運動施設が整っていることから多くの部活動の合宿地などにも使われています。冬は豊富な積雪を活かしてスキーを楽しめるので、まさにアクティビティを年中楽しめる場所として人気があります。

光源だけでなく牧場や観光施設、レストランなども多いので、長期滞在してゆっくりと過ごしたい場所ですね。

道の駅 花の駅 千曲川

道の駅花の駅 千曲川は、長野県飯山市にある国道117号の道の駅です。ここの魅力は道路周辺に植えられた大規模な名の花畑。満開になるゴールデンウイークの時期には多くの観光客が訪れます。

道の駅自体も物産館など豊富な品揃えの農産物、お土産など十分に満足できますし、おやきなどご当地グルメも沢山楽しむことができます。

サイクリストで立ち寄る人も多いので、空気入れなどを貸し出してくれたり、サイクルラックも常備しており、長居したくなる道の駅でした。

 

六十里越峠

六十里越は国道252号を新潟県と福島県に通じる峠道。その昔六里(24km)が十倍にも感じたことから六十里という名がついたと言われています。
春には新緑と県境の山桜が美しく、秋には徐々に移ろう紅葉を楽しめドライブにお勧めです。国道252号に並走するように走るJR只見線は車窓から眺める渓谷などの絶景が人気のローカル線でしたが、東日本大震災の発災と 新潟・福島豪雨による被災によって普通となりました。その後の復旧作業によって復活を成し遂げたのですが、未だに被害が特に大きかった会津川口・只見駅間は現在でも不通となっており、バスによる代行輸送が続いています。

秘境と呼ばれる只見線界隈ですが、大迫力の自然と景観美は日本の中でも類を見ないほど美しく、そして忘れ難い風景になること間違いなしです。車でドライブするのももちろん良いですが、自転車でゆっくりとこの景色を味わえるという贅沢な時間は素晴らしいものでした。

大塩天然炭酸場

福島県金山町にある大塩天然炭酸場では、何と湧き出る水が炭酸を含んだまさに天然のスパークリングウォーター。井戸から水を汲み上げて実際に飲んで本当に炭酸(微炭酸な感じ)でシュワーと気持ちが良い。

自転車でのライドだったので、ボトルにしっかりと炭酸水を入れてその後のライドでも大活躍でした。

そもそも天然の湧き水で炭酸水な場所自体が珍しく、まさに貴重な体験と経験をさせて頂きました。

磐梯山

福島県の猪苗代湖を眼前に聳え立つのが磐梯山です。日本ジオパークに認定され、今でも多くの観光客がこの磐梯山近辺の湖を初めてとした自然を楽しみにやってきます。

会津盆地側からは、綺麗な三角の頂が見えることから会津富士(あいづふじ)とも呼ばれて、日本百名山に選定されており、福島県のシンボルの一つとされています。

標高は1,816mあり、登山口も6つあるので多くの登山客にも人気ですが、桧原湖、秋元湖、小野川湖をはじめ、
それらに挟まれるように位置する数十の湖沼群が「五色沼」であり、この近辺をサイクリング、ドライブ、またはハイキングするのも人気です。

Restaurant, Cafe, Meals

アイスクリームの家エルバート

  • 営業時間:10:30~18:00
  • 定休日:水曜日
  • 住所:長野県上高井郡小布施町栗が丘220-5

長野県小布施を走っている時に、人が並んでいるので気になって立ち寄った、ジェラート店。

後から人気の老舗ジェラート店であることを知りましたが、 数多くの美味しそうなジェラートが並んでいて、買った後は目の前のテラス席で直ぐに頂けます。

アイスクリームの家エルバート
濃厚なジェラート

うなぎ専門店 本多

  • 営業時間:11:00~19:00
  • 定休日:木曜日
  • 住所:〒389-2253 長野県飯山市大字飯山福寿町1117

長野県飯山市に美味しいうなぎ料理の店があると聞いてやってきたのが、「うなぎ専門店 本多」です。店の外観から老舗な雰囲気が漂い、鰻の香ばしい匂いが食欲をそそります。

人気店ということもあり、お昼時は並ぶことも多いそうですが、自分が行った際には人がまだ少なくて並ばずに入ることができました。

肝心の鰻は全国から厳選して集めているというだけあってとても美味しかったです。値段はそれなりにしますが、たまの贅沢ということで最高のお昼を頂けました。

うな重
うなぎ専門店 本多

道の駅 会津柳津

  • 営業時間:11:00~16:00(飲食コーナー)
  • 定休日:無休
  • 住所:福島県河沼郡柳津町大字柳津字下平乙181-1

奥会津地方の特産品の展示・即売をしており、多くの赤べこのお土産が目をひきます。ここで食べたソースカツ丼は卵で閉じられており、とても美味しかったです。

名物ソースカツ丼

Accommodation

民宿 治兵衛

自家生産の魚沼のコシヒカリと四季折々の郷土料理、山菜料理を食せる宿ということで宿泊した今回の宿、1泊2食付きで7,500円という破格の値段でした。

玄関を入るとまるで合宿所のように沢山の部屋があります。自分が宿泊した日はどこかの運動部かどっかの保護者達が宿泊していました。ただし、自分の部屋が一番奥で周りに客がいなかったこともあり、静かに過ごすことができたのが幸い。

お風呂なども大きな浴槽で温泉では無いですが、必要最低限という感じ。この旅館の1番は何と言ってもボリュームたっぷりの食事でした。夕食はお代わり自由な魚沼産コシヒカリとトンカツやらメニューも豊富で大満足でしたし、朝食も十分でコスパの良い民宿でした。

帰りは取れたての新米を頂き、これまた嬉しいお土産をもらえてハッピーに。豪華な部屋を望むなら難しいですが、最低限の宿泊に美味しいご飯を食べたいなら、こちらの宿は超お勧めです。

関連記事

  1. 鳥海山ヒルクライムスペシャル

  2. 2020 夏の北海道スペシャル Part 4 – 大雪山国立公園

  3. 危険度MAX? 冠山峠と林道ライド

  4. 絶景の日本海パークライン

  5. 1日で鹿児島を満喫!『かごイチ』にチャレンジ

  6. 2017「日本のチロル」下栗の里と秋葉街道

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA